スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
静岡でもモデルは熱海
前回言ったとおり、『サイレントヒル』のわだいです。
もともとサイレントヒルは出た頃「バイオ」の二番煎じみたいにいわれてましたが、ぜんぜん違います。
霧、音、光と影演出が段違いで凄かったです。
またバイオに無い鈍器も完備されており、
鉄パイプで「ドグチャァ」という感覚に快感を覚えたプレーヤーも多かったはずです。

そんなゲームが映画化ですよ~。
それは期待しますよ。

んで肝心の内容ですが、
さすが監督が大のサイレントヒルファンだけあって
ちゃんとゲームしてます。
ヒントを入手→アイテムを入手→アイテム使って扉をあける。
などなど他にもちゃんとクリーチャーが近づくとラジオに異変が生じます。
原作知らない友人はこの伏線に気づいてなかったみたいですが…。
またライトを入手し、暗闇を照らすとこなんかもよくできてました。

そして一番の特徴である異次元世界。
ゲームだと穴をくぐったりすると異次元世界に行くんですが、
映画は「サイレン」がなると世界が壊れ錆だらけの異次元世界に移行します。
これがまた凄いんだわよくできてる~。

次に売りであるクリーチャーです。
やっぱり王道の三角頭(レッドピラミッド)はかっこよかったです。
大鉈ふりまわし圧倒的な恐怖を与えてくれました。
でも原作だと魚屋さんみたいなエプロンしてた
はずなのに何故か上半身裸になってたなぁ。
なんでだろ。
sannkaku.jpg

バブルヘッドナースも凄かったダークナースに名前変わってたけど。
ローズのライトに向かってくる姿はホント気持ち悪かったです(これも原作どおり?)。
なんでもダンサーでモーションキャプチャーしたとかなんとか。

とにかくCGクリーチャーの造形が秀逸でしたねー。

ファンの方にぜひみていただきたい映画です。






なんて思ったら大間違いだよ!!

後半は怒涛のスプラッター展開。
監督さんの趣味か知りませんが、
サイレントヒルはそんな映画じゃありませんよ。
モツは出るわ…肉体引き裂かれるはでもう…。
クリーチャーとは違う意味でキモチ悪かったですよ…。

あとサイレントヒルができた原因も鍋島的にはダメでした。
魔女狩り系の話はホントダメです。

ネタバレ↓映画見る気が無い人だけどうぞ。

サイレントヒルが混沌とした原因の少女アレッサの話
サイレントヒルでは新興宗教がはやっていて、
父親が居ないアレッさはみんなからつまはじき物にされてしまう。
親から吹き込まれ学校中で魔女扱い。
教室から抜け出してトイレに逃げ込むも、用務員に犯されてしまう。
そこにアレッサの母親の姉で宗教のリーダーであるクリスタベラが現れ、
穢れをはらうには『儀式』をしなければならないという。
心身ともにつかれきった母親は娘をその儀式に差し出してしまう。

その儀式というのが『火あぶり』
だが儀式の途中で飾りがロウロクにぶつかり引火。
その隙にアレッサは助け出されるが皮膚はドロドロ。
搬送された病院では好奇の目でさらせれてしまう。
世界のすべてを呪ったアレッサがもう一人の自分を作り出し、
サイレントヒルをクリーチャーの出現する世界に変えてしまう。

っていう鬱展開…。



まぁ血の雨のなかをアレッサ(サイレントヒルを魔物が出る町に変えた原因の娘)が楽しそうにダンスするシーンは
画的に好きでしたが。

aressa.jpg



最後はちゃんとホラー映画お約束の
『悪夢はまだ終わっていない』系のオチでした。

前半は100点後半は30点。
グロ耐性がないひとは見ないほうがいいです。
スポンサーサイト

テーマ:サイレントヒル - ジャンル:映画

【2006/07/27 21:14】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(1)
ずっとブレードストーリーだと思ってた
昨日あおい氏とブレイブストーリー見にいってきました。

全体的に大人向けではなかったですね。
純粋に楽しむキモチがなくなってただけかもしれないです。

そーはいってもアクションシーンやドラゴンの飛行シーンとかはおもしろかったです。
しかしところどろころご都合主義のシーンがちらほらありました。
向こうの世界にいったら願いがかなうまでこっちの世界に出れないはずなのに、
ミツルがこっちいたり。
向こうの世界行く階段がいきなりつながってたり。
一番納得いかなかったのは、
失敗すると元の世界に戻ることはできないふれこみなのに
死んだはずの○○○が最後にでてきたことです。
そこまでしてハッピーエンドにしようとしなくてよくないか?

あとメインヒロインの猫はいてもいなくてもいい存在でした。
一番可愛かったのはワタルを助けてくれた謎の少女(川澄綾子)だったしね。
表情とかも非常によかったし。

結局の所内容理解したいなら原作読めってことですかね?
ダビンチコードじゃあるまいし。

声の演技はについて
主役の松たか子は普通にうまかったですね。
ウェンツは下手ではないけどうまくも無いかんじで。
いちばんひどかったのはインパルス板倉ですね。
まぁザコキャラだったんであんまり気にもならないんで。
何いいたいかって言うと、普通に声優使ってくださいってことで。
ファンタジー映画としてはいい出来なんでオススメですよ~。

onhyanoko.jpg


そうそうその後もう一人の友人と合流して神社めぐりいったんですが、
友人が鳥居の近くでなにか動く人影を見たらしいです。
そこは深夜人が通る場所ではないのに…。

テーマ:ブレイブ ストーリー - ジャンル:映画

【2006/07/12 21:52】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(1)
Tポイントってよくね?
今日急にヒマができたんで、
前買ったレンタル落ちのメメントみました。
感想は
『あーそーなるんだすげー』って素直に思いました。
普通の映画と違って最後のシーンから冒頭にもどっていくパートと
途中から落ちに向かっていくパートが交互に出るんで、
鍋島の脳の容量では理解するのにいっぱいいっぱいでした。
最後に始まりの部分に戻る構成にはド肝ぬかれました。

しかしビデオの冒頭に最新作の予告編やるんですが(といってもバイオハザードとか当時の)
見る気が起きないです。
映画館だと何時間でも見たいと思うのにねぇ。

そもそも鍋島はレンタルビデオ屋を利用しません。
借りても返しに行くのがメンドイからなんですが。
最近TUTAYAでネットで頼んで郵便で返却っていうのがあるらしいですね。
へぇへぇ

それにTUTAYAのポイントカードって
今いろんなとこでポイント貯められますよね?
ガストよくいくんであそこで貯まるのは嬉しい限りですな。

んで今日カードだけでも作ろうかなーと思って、
近くの南越谷の高架下にあったTUTAYAいったんですよ。
そしたらいつのまにかつぶれてました…。
ちかくにないんだよなぁ…。
そのうち作りたいです。

suku.jpg

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2006/07/08 21:27】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)
魔法学校最終章へ~
いきなりですけどハリーポッターの
JKローリングがイギリスのインタビュー受けたらしいですね。
かなり出遅れた話だけどw

その中で作者は『最終巻で主要メンバーのうち2人は死ぬ運命にある』
と発言したらしいです。
へぇへぇはりー死ぬのかな?
って思わせて絶対マルフォイとスネイプ教授が死ぬとみたね。
つーかロンは死んでいい回をますごとに不細工になっていくのはどーだろ?
リアルで学園長役の人が死んで交代されたので、
あれで1カウントになったりはしないんですかね?

とりあえず活字は拒絶反応する人種なんで早く映画やらないかな~
とワクテカしながら待ってます。
シリウス・ブラックって再登場するの?

しかし、最近の蒸し暑さは以上ですね。

おっぱお


脱ぎルキア

テーマ:ハリーポッターと謎のプリンス - ジャンル:本・雑誌

【2006/06/29 22:30】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(2)
ですの~と
昨日ダチとデスノート見てきました~。
ダビンチコードとの両天秤で、
シブタク見たいから
って理由でデスノに決めました。

人気漫画の映画化・・・。
いやがうえにも盛り上がりますよね?
どれだけ原作ブレーカーしてるかって期待で。

いやーそれにしてもリューク役の有田哲平の演技が光りますね?
arita.jpg


え、リュークってCGなの?

冗談はさておき見たんですが、
配役について~
月役の藤原はイメージ通りでしたよ。
ナルっぽいところが。
イメージは近いのに月っぽくないことしてばっかでした。
賭けバスケやったり、メモ見られて銃突きつけられたり。
人前で平気でノートだしたり・・・。

Lは最初違和感ありましたが見慣れたらへいきです。
ただ、犯罪者が殺されたとき容疑者家族がダレもニュースを見てない
というシーンのとき原作ではテレビを受信できる携帯のことを危惧していたのに映画じゃスルー。
案の定ポテチに隠したワンセグ対応携帯でニュース見てたし。
映画Lは原作より一回りバカみたいです。

そして、シブタク
シブタクが犯罪者になってるぅっぅ!
ショック
sibutaku.jpg

ただナンパしただけで殺された、善良な(?)市民だったのに・・・。

あとミサはただのイタい娘でした。

見所は妹の粧裕です。
客観的に見てもめっちゃかわいい。
キャラとか動きとかみてて飽きない。
こっちメインで映画作れば?って感じです。
粧裕ファンでなくても必見ですよ。

あとさーオリジナルキャラの詩織。
なんつーか月が捜査に入る口実のために作られたキャラ。
見てない人にはわかんないだろうけど。
ぶっちゃけ退場するなら原作どおりにやっとけばよったんじゃねーの。
詩織のせいで後半無茶のある展開に。
南空ナオミがイカレキャラになってた。
あとレイペンバーがレイ岩松になってた。
ダレだよwww。

つーか、最後の展開に不満。
どんな不測の事態がおころうともさ
keikaku.jpg

って展開なんだろって目で見てるんだから、
ミスリードくらいはっとこーよって思った。

原作ファンは中途半端にオリジナル展開入れてるのでストレスがたまるかも、
むしろ予備知識なしでみたらおもしろいかも。

鍋島としては凄いクソ展開を予想してたのにオリコウさんなデキに
唖然としてました。

後編は見る気しないけど

帰りにポスター見てたら前言ってたブレイブストーリーサイレントヒル
が同じ日にやるじゃないですか!

映画はしごしようかな。

特にサイレントヒルは楽しみです。
かっくいい『三角頭』とか、ボインの『バブルヘッドナース』とか、
上半身下半身ともに脚の『マネキン』。
ヘンタイクリーチャーばっかりでいいなぁ。
やっぱり『2』のクリーチャーが一番センスがあるとおもいますよ。

baburubeddo.jpg

ナースに鉄パイプのセンスには脱帽

テーマ:☆映画版デスノート☆ - ジャンル:映画

【2006/06/21 20:43】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)
鍋島シュレディンガー別館


ゲーム系の話題中心 最近のお気に入りはマジックアカデミー

プロフィール

鍋島 ろょ

Author:鍋島 ろょ
ゲーム好きのただのバカ
格ゲー大好き
お乳も大好き

<QMA>
シャロン/しまぱん→
エルフ組
上級魔導師7級
赤魚

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。